真宗大谷派 高山別院照蓮寺・高山教務所

高山別院・沿革

  • HOME »
  • 高山別院・沿革

真宗大谷派高山別院「光曜山照蓮寺」

高山別院・沿革

当寺光曜山照蓮寺(こうようざんしょうれんじ)は、京都の東本願寺を本山と仰ぐ真宗大谷派の高山別院である。その起源は遠く鎌倉時代に遡り、開基は親鸞聖人(しんらんしょうにん)の弟子嘉念坊善俊(かねんぼうぜんしゅん)である。善俊は、後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)の孫とも皇子ともいい、伊豆の三島で関東より上洛(じょうらく)途中の親鸞聖人の門弟となったと伝えられる。当初、善俊は白川郷鳩ヶ谷(はとがや)(大野郡白川村)に、その後、同郷飯島(いいじま)に専修念仏(せんじゅねんぶつ)の道場を構え、正蓮寺と称した。

次第相承して室町時代、第9世明教(みょうきょう)の代になり白川郷に真宗門徒が増えると、脅威(きょうい)を抱いた在地の土豪内ヶ島(うちがしま)氏の焼き討ちに堂は焼失し一時断絶した。その遺子10世明心(みょうしん)は本願寺8世蓮如上人(れんにょしょうにん)・9世実如上人(じつにょしょうにん)に帰依し、永正1年(1504)白川郷中野(高山市荘川町)に九間四面の本堂を再建し、光曜山照蓮寺と改称した。

天正13年(1585)、金森長近(かなもりながちか)は豊臣秀吉の命を受けて飛騨に侵攻した。長近は照蓮寺との協調政策をとり、同16年(1588)、13世明了(みょうりょう)(等安)を請じて高山の現在地に寺地を与え、堂宇を建立した。以後、照蓮寺は藩主金森家から養子を迎えたり、東本願寺13世宣如上人(せんにょしょうにん)の六女佐奈姫(さなひめ)の入輿(にゅうよ)もあるなど、触頭(ふれがしら)寺院として末寺70ヶ寺余を擁する大寺であった。

17世紀末、金森氏が出羽へ移封され飛騨は天領となったが、寺領は従前のとおり安堵(あんど)された。しかし、まもなく照蓮寺と末寺に軋轢(あつれき)が生じ、元禄16年(1703)、17世一乗(いちじょう)は東本願寺に献上し、以来本山の掛所(かけしょ)「高山御坊」となった。また飛騨人からは「仲間の御坊」と親しまれ崇敬(そうきょう)されてきた。明治以降は真宗大谷派高山別院光曜山照蓮寺と公称している。

照蓮寺は8回に及ぶ火災と再建の歴史をもつ。近年も明治8年(類焼)、昭和22年(類焼)、昭和30年(放火)と3度焼失している。焼失の度に飛騨門徒の浄財と労力を結集して木造檜皮葺(ひわだぶき)、20間(36メートル)四面の本堂と、壮麗な彫刻を施した山門等を再建した。しかし放火で本堂を焼失したのちは、昭和39年、規模を縮小して耐火建築で建立し、現在に至っている。

高山別院・駐車場

PAGETOP
Copyright © 高山別院照蓮寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.